ファイナンシャルプランナーになる!FP技能士試験について

人々のライフプランを実現するために、お金の面からプランを立ててアドバイスするプロフェッショナルがファイナンシャルプランナー(FP)です。FPになるためには「ファイナンシャルプランニング技能士」の資格を取得する必要がありますが、この記事ではFP技能士試験についてご紹介していきます。

ファイナンシャルプランナーの試験について

ファイナンシャルプランナー 講座,ファイナンシャルプランナー 通信,fp講座,fp通信,ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランニング技能検定は、1級、2級、3級という階級があり、1級がもっとも難易度の高い資格になります。それぞれの検定に合格することで「○級ファイナンシャルプランニング技能士」を名乗ることができます。技能検定には学科試験と実技試験があり、3級の場合は学科、実技共にマークシート形式で出題されますが、2級では学科がマークシート、実技は記述型の筆記試験となります。1級は実技試験のみで、すべて記述型の筆記試験です。

FP試験の受験資格について

ファイナンシャルプランニングの技能検定は、事前にFP協会認定の講座を受講し、2級から挑戦することも一般的になりつつあります。

・3級FP技能士受験資格

すでにFPの業務に従事している方や、これからFPとして働きたいという方が目指すのが3級FP技能士です。特別に必要な条件などはないので、誰でも受けることができます。

・2級FP技能士受験資格

2級FP技能士検定は、受験にあたり条件があります。もっとも一般的なのは、FP協会が認定する講座を終えてから受験する方法です。認定講座を修了することでAFPの受験資格を得ることができます。このAFPは民間資格ですが、2級FPを受験する場合は、認定研修の受講者番号が必要になります。続いては「3級FP合格者」で、受験の際に3級FPの合格番号が必要になります。

・1級FP技能士受験資格

1級FP技能士の受験資格は、少しわかりにくいのですが、FP協会の例を挙げます。FP協会で1級FP技能士の資格を手に入れるには、FP2級に合格した後にAFPとして登録、そして受験資格であるCFP資格審査に合格しなければなりません。ちなみにCFPは、FP技能士とは異なり、北米やヨーロッパ、アジアなどで認められている国際的な資格です。

2級FPの試験について

ここからは、多くの人が目指す2級FP技能士の検定についてご紹介します。

2級FP技能士の学科試験

2級FP技能士の学科試験は、すでにご紹介したとおり、マークシート方式で行われます。設問は60問で、4つの選択肢の中から正解を選びます。学科試験と実技試験は同じ日に受けることができます。

2級FP技能士の実技試験

2級FP技能士の実技試験は、試験を開催する団体により内容が異なります。ここでは日本FP協会が開催する実技試験の内容についてご紹介します。
日本FP協会が開催する実技試験は「資産設計提案業務」がテーマです。この実技試験では、ファイナンシャルプランニングについて、
・関連する法律や職業倫理に則ったものであるか
・そのプロセスは正しいか
・顧客の資産状況を適切に分析・評価できているか
・以上を踏まえたうえで適切に検討、プランニングされ、提示が行われるか
といったことが問われることになります。
すでにご紹介したとおり、実技試験は記述形式になります。合格ラインは60%以上の正答率となっていますが、FPの実務を行ったことのない受験者であっても、知識をつけていれば問題なく答えられる試験内容です。そのため、練習問題や計算問題を繰り返し行うことはとても有意義な対策になります。ちなみに試験では、計算問題を解くために電卓を使用することが認められています。
実技試験では、たとえば以下のような設問があります。
・キャッシュフローの表を作る
・住宅ローンの借入可能額を求める
・相続税を計算する
・確定申告における控除額を求める
学科試験と実技試験は、それぞれ独立した試験なので、学科試験は合格したけれども、実技は落ちてしまったという場合でも、また別の機会に実技試験に合格すれば、2級FP技能士の資格を得ることができます。

ファイナンシャルプランナー試験に独学で挑む

2級FP技能士の資格取得を目指す場合、日本FP協会の認定コースを受講して受験資格を得るのが一般的です。資格専門学校などが通学講座を開講していますが、忙しい社会人の方が多く取得を目指している資格なので、なかなか時間がとれないという方も多くいらっしゃいます。そんな方にぴったりなのが、独学で挑む、認定通信講座の受講です。
独学でファイナンシャルプランナーになりたい。しかし多忙なので、費用も時間もかけたくないのが正直なところ。独学でももちろんファイナンシャルプランナーになれます。しかし、他の学習同様、ポイントを押さえて学習する必要はあるでしょう。ここからは、独学でファイナンシャルプランナーを目指すメリットやデメリットをご紹介します。

独学で挑むメリットとデメリット

通信講座で学ぶ場合のメリットをまずはご紹介しましょう。忙しい社会人にとって、仕事とプライベートのバランスをとることは、ただでさえ大変な場合もあります。現在は資格専門学校でも、サラリーマンの方でも通いやすい時間に講座を開講している場合もあるようですが、急な仕事が入ることもあるので、なるべくフレキシブルな講座を選びたいもの。通信講座なら、空いた時間にどこでも学習できるというメリットがあります。しかし、独学ならではのデメリットはいくつかあります。
一つは教材選び。ファイナンシャルプランニングに関する知識がほとんどない場合、「わかりやすさ」は重視すべきポイントです。資格試験対策の参考書や問題集は多く出版されていますが、実は選ぶことすら大変です。少なくとも学科対策、実技対策、そして過去に出題された問題を集めた過去問集は必須です。
二つ目は法改正に関することです。FPの資格は、税金や法律が関わりますので、「法改正」があると、直後に出題される傾向があるのです。この法改正を理解することは、試験を攻略する重要なポイントですが、このようなポイントを自力で押さえなければならないということは、特に学習を始めたばかりの方にとっては、かんたんなことではありません。ただ、信頼できる通信講座であれば、法関連のアップデートは、その都度受講生に伝えてくれますので、学習アドバイザー的なシステムのある通信講座を選ぶことは必須です。
最後は受験資格です。この記事は、認定講座を受講する前提なので、あまり関係はありませんが、書籍だけで学習しようと考えている人にとっては大切なことです。2級FPは、すでにご説明したとおり、3級FP取得、もしくは認定講座を修了していなければ受験資格がありません。そのため、まずは3級から取得しなければならないという、大きな不利を被ることになります。

独学ならファイナンシャルプランナー通信講座

ご紹介したようなデメリットを克服するならば、やはり内容の充実したファイナンシャルプランナーを目指す通信講座が、社会ですでに活躍している多くの人にとって適切な教材チョイスだと考えられます。ECCビジネススクールのファイナンシャルプランナー通信講座は、他を圧倒する67時間という充実した動画講義が魅力です。これだけのボリュームがあると学習がハードではないかと思う方もいらっしゃいますが、やはり資格取得、そしてファイナンシャルプランナーとしての実務を行うためには必要なことが詰め込まれています。専任スタッフによる電話やメールでのサポートも充実しているので、本気でFPを目指すなら、一押しの通信講座です。